> TOP > 教育・研修プログラム

カウンセリング 教育・研修プログラム 講師派遣 葵橋ファミリークリニックとは? プライバシーポリシー トップページ

2018年度教育・研修プログラム 過去の研修

他の講座も見る 1 | 2
対人援助の基礎講座 過去の研修プログラムはこちらから
ソーシャルワーク、ケアマネジメント、スクールカウンセリング、カウンセリングなどの対人援助において、援助はクライエントと援助者との人間関係を基礎として成り立ちます。
そのためには、援助者自身が、自分と適切に向かい合い、心身の健康を維持することが不可欠です。今年度はその視点から、心身維持の一つの方法である『気功』を講座として開催します。

T.対人援助家のための気功瞑想(全4回)

■内 容
対人援助職には、当然のことですが豊かな「対人関係能力」が求められます。しかし、「対人関係能力」を養うには、他者とたくさん関わることだけが重要なのではなく、自分自身と深く関わることも大切であるということをご存じでしょうか。「関係性」を通じて、被援助者のみならず、援助者自身も相互に変容する「場」を創造し、維持していくことが私たちの専門性の根幹です。そういった「場」を整えるためには、自分自身の持ち味、自分自身の可能性に深くかかわり、自分自身を豊かな変容の「場」のもっとも大切な要素として活用することができるようになることが求められます。
「対人援助職のための気功瞑想」講座では、自身の心身の偏った緊張をほぐし、本来の自分に立ち戻っていく技術を磨いていきます。身体を優しく動かしながら、内奥に眠っているエネルギーを少し開放することができるようにお手伝いします。たっぷりと丁寧に実習していきますので、初めての方でも無理なく取り組んでいただけます。

日 程
  日 時 テーマ
第1回 2018年6月3日(日)
(15:00〜18:00)
気を感じる(1)
私たちの身の回りの気の流れ、私たち自身の身体のなかの気の流れに気づき、味わいます。
第2回 2018年6月17日(日)
(15:00〜18:00)
気を感じる(2)
私たちの身体の他者との響きあい、交流を、気の感じをたよりに味わいます。
第3回 2018年7月1日(日)
(15:00〜18:00)
中心感覚を養う(1)
丹田の感覚を養っていく瞑想法を学びます。
第4回 2018年7月15日(日)
(15:00〜18:00)
中心感覚を養う(2)
引き続き、丹田の感覚を養っていく瞑想法を学び、身体軸の大切さを味わいます。
受講料 一般 : 20,000円 / AFC会員・学生 : 18,000円
定 員 20名
会 場 日本聖公会 京都教区センター 研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)
講 師 【濱野清志】(京都文教大学臨床心理学部教授/臨床心理士)
1956年神戸生まれ。京都大学法学部、教育学部を卒業し、大学院で故河合隼雄先生の指導のもと心理療法の訓練を受ける。臨床心理士。教育学博士。気功は1993年よりはじめ、気功の指導員を務め、現在も京都で会を主宰している。
他の講座も見る 1 | 2 
このページの上へ